第24回福岡県病薬周産期医療薬物療法研修会のご案内 new!

一般社団法人福岡県病院薬剤師会様より、第24回福岡県病薬周産期医療薬物療法研修会のご案内をいただきました。
今回は、「妊娠と薬の基本的な考え方と周産期も含めた女性の健康支援・病診薬連携」をテーマとした講演会です。

詳細はこちら(pdfファイル)をご覧ください。

 

第24回福岡県病院薬剤師会 周産期医療薬物療法研修会

 

日 時:2019年7月7日(日) 10:00〜14:15
場 所:九州大学医学部 百年講堂 中ホール1,2
    〒812−8582 福岡市東区馬出3−1−1 TEL:092-642-6257
参加費:
    福岡県病院薬剤師会会員、他県病薬会員、
    福岡県薬会員、他県薬会員       :2,000円
    
    上記非会員              :3,000円
    

日病薬病院薬学認定薬剤師制度(II-6・III-2・V-2):申請中
日薬研修センター研修認定:申請中
日病薬妊婦・授乳婦領域認定単位:申請中

 

10:00〜10:45 【会員発表】

「認定薬剤師取得までの道のりと現在の活動報告」
  医療法人社団 野口産婦人科医院 野口 時恵 先生

 

10:45〜12:15 【基調講演】

「病院専門薬剤師と地域のかかりつけ薬剤師が連携して出来る女性の健康支援
  〜月経・妊娠・出産・授乳期女性への啓発と支援〜」
  NPO法人HAP理事長 薬剤師 宮原 富士子 先生

 

12:30〜14:00 【特別講演】

「周産期と薬」
  九州大学病院総合周産期母子医療センター 助教 坂井 淳彦 先生

 

共催:一般社団法人福岡県病院薬剤師会・久光製薬株式会社