【重要】日本薬剤師研修センター研修シールの配布についてNew!

2019年7月1日より、日本薬剤師研修センターの研修シールには、シールごとに個別番号が付され、誰に(薬剤師免許番号が必須)、何番(研修センターシールに記載)のシールを配布したかの記録を、CR-ROMにて提出することが義務付けられました。

 

そこで、鹿児島県病院薬剤師会では、参加受付を、日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位を必要な方と、日本薬剤師研修センターに研修単位が必要な方に分けて、2か所設置いたします。
日本薬剤師研修センターの研修単位を必要とする方の芳名録には、薬剤師免許番号を記載いただく欄を新たに設けます。

日本薬剤師研修センター認定シールをご希望の先生は、交付の際に 「薬剤師免許番号」が必須となりますので、ご自身の薬剤師免許番号を控えてご持参ください。
なお、交付時にお忘れの際には、交付できませんのでご注意ください。

 

「研修会受講者名簿の整備及びその提出ならびに研修受講シールの管理について」(日薬研発第30号)

 

また、日本病院薬剤師会会員が、日本薬剤師研修センターが認定する「研修認定薬剤師」の認定申請に日病薬病院薬学認定制度の研修単位シールを使用する場合に、研修受講者が日本病院薬剤師会に受講証明書の発行を依頼し、日本病院薬剤師会が日本薬剤師研修センターが指定する様式での受講証明書を発行することが求められました。
しかしながら、日本病院薬剤師会は、研修会受講管理システム等のIT環境や受講者の個人情報提供に関する環境整備が整備されるまでの間、当該証明書の発行を見送るとの対応を表明されております。

 

「日本薬剤師研修センター認定「研修認定薬剤師制度」における本会の対応について(日病薬発2019-67)

 

会員のみなさまにおかれましては、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。